あむあむ ~やってみた・かってみた・編んでみた  主婦の日々~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印のPP収納ケースを簡単に目隠しする方法&可動をスムーズにする方法

我が家の整理整頓で活躍しているのは、

みんな大好き無印のポリプロピレンケースです

 

家中いたるところで使用していますが、私が行っている

PPケースのお手軽カスタマイズを2つお伝えしようと思います

 無印のPPケースの目隠し

PPケースはスッキリ見えて万能なのですが、中に入っているものが割とよく見えるのが気になっていました

 

紙を貼ろうと思いましたが、破れて直すものめんどくさい

布を貼ろうと試みましたが、指をかける穴の部分が難しい

 

そしてなによりもせっかくのPPボックスの透明感を大切にしたい

 

そこでカッティングシートを利用してカスタマイズすることにしました

 用意するもの

  • 100均のカッティングシート
  • カッター

f:id:xkoron:20170311120641j:plain

カッティングシート レース柄 (チェック柄)

このカッティングシートは厚みもあって、切り取り・貼り付け作業がとても簡単でした

 

あまりペラペラしているカッティングシートだと、貼っている最中にシート同士がくっついてムキーーーーー!となりますが、そんなことは全くありませんでした。

 

粘着力の耐久性はありますが、作業中の貼り直しもとてもスムーズにできました。

 

この作業中の貼り直しがスムーズはとても重要なポイント

だって絶対に一回ではきれいに貼れないもの。。。

シートがバチッと貼り付いて、直そうとするとあちこちヨレて 結果シートが台無しだと作業がいやになりますからね

 

 

このシートをケースの大きさに切って内側から貼り付けます

f:id:xkoron:20170311120737j:plain

丸い所もくりぬいてあります

f:id:xkoron:20170311121318j:plain

一番下まで貼ってあります

裏から見るとこんなかんじ

f:id:xkoron:20170311121407j:plain

貼ってから2年以上は経過していますが、いまだに取れる気配すらありません

とっても優秀♪

f:id:xkoron:20170311125749j:plain

 

PPボックスの透明感を生かしたまま 

中身が見えにくくなることに成功しました! 

 

さて ここで新たな問題が発生

前後に並んでいる 2つのPPケース

後ろのケースは使用頻度の低いものが入っているので、このように前後に並べたのですが、たまに必要になった時は 前のPPケースを横にズズズとずらしていました

 

その結果がこれ

f:id:xkoron:20170311123005j:plain

うっすらとですが、跡がついてしまっています

 このまま使用していては 棚が更に傷だらけになってしまいます

 

しかしこの前後の収納場所は変えたくない 

キャスターは取り付け不可

 ということでカスタマイズ パート2です

 PPケースの可動をスムーズに

用意するもの

  • キズ防止フェルト
  • はさみ

f:id:xkoron:20170311124314j:plain

100均にあるキズ防止フェルト(主に椅子の足などに貼る)を適当に切って、

PPケースの底4隅に貼り付ける

f:id:xkoron:20170311124432j:plain

ほんのこれだけのことで、BOXの横移動もスイスイです!

 

これで2つの悩みがあっという間に解消されました。

めでたしめでたし