あむあむ ~やってみた・かってみた・編んでみた  主婦の日々~

ダイソーの刺繍用下地シートをつかって刺繍をしたので、感想を書きます

刺繍をするにあたって、生地への刺繍の図案の写し方はどうすればいいのか?という疑問が浮かびました。

たぶんチャコペーパーなんだろうな・・・と思い刺繍枠を買うついでにダイソーで探しているとこんな素敵なものを発見しました。

 

ダイソーの「刺繍用下地シート」

f:id:xkoron:20170514150628j:plain

 刺繍用下地シートとはどういうものか

図案を描いて、貼ってそのまま刺繍。

シートは水で溶けるので、刺繍だけが残る。

といった便利グッツなのです。

f:id:xkoron:20170514153204j:plain

サイズは210×218mm

なかなか大きいサイズです。

 大きい図案も可能ですね。

 1.シール面に図案を描く

シール面に図案を描くことはもちろん、プリンター印刷することもできます。

本の図案であれば、家庭用プリンターでコピーすればOK。

しかもパソコンで好きな絵柄を見つけたらこの下地シートにプリントアウトしてしまえば、どんな図案も刺繍できちゃうんです!!

 

ただし、裏の台紙が白いため 図案の上に乗せてトレースすることはできません。

f:id:xkoron:20170514151258j:plain

  2・シールを貼る

シールになっているので、裏の台紙から剥がして刺繍したい布にペタッと貼り付けます

f:id:xkoron:20170514151359j:plain

こんな感じの凸凹したシールです

f:id:xkoron:20170514151431j:plain

 印刷したものはこんな感じ。

きっちり印刷できています。触ってもインクがにじんでくることはありません。

f:id:xkoron:20170514151515j:plain

貼ってみるとこんな感じ。

シールが貼り付いているので少しハリッとします。

 3・刺繍をする

やっぱりね、シール部分を針が行ったり来たりするから、針が多少ベトベトします。

ティッシュなどで時々拭き取りながら縫い進めていきました。

 

針もベトベトするので、刺繍糸も多少ベトベトしてきます。

ですので、あまり欲張って長い刺繍糸で刺繍していくと「あーーーベトベトすぎて気持ち悪い!」となりますので、刺繍糸は適切な長さをお勧めします

 4.仕上げをする

刺繍が完成したら、洗面器に水を入れて刺繍したものを5分ほど浸します。

流水でかるくもみ洗いして、シールを溶かしていきます。

 

ねばねばと糊が取れていくのがわかります。

刺繍はデリケートなので、優しくモミモミしました。

 

アイロンをあてながら乾かす。

完成!!

 完成品

f:id:xkoron:20170508215102j:plain

こちらはほとんどシートの跡が見られません。

f:id:xkoron:20170514152617j:plain

こちらはシートの跡がばっちり見えています。

「シートの貼ってあった場所がくっきりわかる!!」と、すでに2回ほど洗濯機にかけたのですが、一向に取れる気配がありません。

 

おそらくアイロンをかけてしまったので、跡が残ったままなのだと推測されます。

よって下地シートのコツは

アイロンをかける前に糊部分を丁寧に洗い落とすこと

だと思います。

 

さてプリントアウトすればなんでも刺繍できちゃうこの「刺繍用下地シート」を利用して、好きな図案を刺繍していこうと思います♪