あむあむ ~やってみた・かってみた・編んでみた  主婦の日々~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「モヘアのトリニティカーディガン」 addi7㎜ 使用レポ4

addiメタル 7㎜ 使ってみましたよ。

実際使ってみるって大切だと実感しました。

addiメタルを使ってモヘアを編んだ 私の感想です

 

以前 編み針の見た目については書いた記事はこちら

www.xn--l8ja9pb.xn--tckwe

 

    使ってみての感想

一番最初に訪れたの3目一度の段は 地獄かと思うほどの編みにくさでした。

 

3目に針先が入るものの かける毛糸がこっちにきてくれず、ムキーーとなって かぎ針も出動するくらいの難易度。

先への恐怖がたつばかりでしたが、次の段からは何のことはなくすんなり編めました。

 

馴れ?生地が落ち着いたから?

理由はわかりませんが。

 

先が細いためスルスルと針先が入っていって、多少もたつきますがスムーズに3目一度が編めます。

 

しかしですよ、しかしです

糸の通りがするっ に問題があるのです

   問題点

このモヘアの毛糸がつるつるするんなのか、針のメタルがそうさせるのか なにせ初めてのaddiメタルなので、わかりませんが、とにかく するっ なのです。

 

ループが我先にと針先に押し寄せて、油断していると針先から落ちていくのです。

 

私の頭の中では毎回こんなイメージが再生されています。

 

 

「お客さま! 順番に御呼びしますので、どうぞその場でおまちください!」

「困りますお客様! 外に飛び出さないでください」

「お戻りください さぁ さぁ」

「あああああ 外に飛び出さないでくださーーーい

 

とまぁ こういった具合にスルスル針から飛び出していくのです。

 

  利点

どこにも引っ掛かりがなく スルスル毛糸が滑るという事は

 

・コードと針の境目に段差がなくスムーズ

・針先が細くなめらかである

・メタルがそうさせるのか とにかく毛糸の移動がスムーズ

 

ということなのです

 

f:id:xkoron:20161109083541j:plain

  私的結論

つまりですよ このすべすべもっちりモヘア でなければ、addiメタルは本当にスムーズな輪針だということ。

 

普通に編むと大きくなってしまう場合が多い、手がきつい という三國さんの作品に於いて ゲージも今の所ぴったりなのです。

 

手持ちの多くある 匠の輪針よりもスムーズな毛糸移動を可能にしてくれているaddiメタルは 私の中の

「輪針セット 欲しい・・・いつか欲しい・・・」

の候補の上位にランクインしてきたということでした

 

f:id:xkoron:20161112141046j:plain