あむあむ ~やってみた・かってみた・編んでみた  主婦の日々~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスティンのお手玉のその後

先日バスティンのお手玉を用意してくるよういわれ、頑張って製作しました。

 

さてさてその後レッスンで活用したようで、歌を歌いながら 「こうやってやるんだよ」と子どもが見せてくれました。

 

 

曲に合わせて投げたりつかんだり。

お手玉を持ったまま肩や肘を動かしてみたり。

 

小さな手に あの大きなお手玉なので、手のひらをきちんと丸くしないと落ちてしまいます。

しかも中身はポップコーン豆250g なのですから、利き手でない手でやるといい筋トレになるようです。

 

 

250gは ピアノの鍵盤の重さを意識しているようです。

 

 本当は毎日毎日続ければとても効果的なのですが、私も声をかけるのを忘れてたりして毎日はできていません。 反省。

 

2個製作して、ピアノの上とリビングと2か所に置いておこうかな。

 

お手玉を使用して筋トレをしていれば、指の力もつくかもしれません。

そしてきれいな指の形が身につけば、いい音がなるようになるとは思うんですけどね。

ピアノって本当に 毎日コツコツ努力することが大切ですね。

 

・子どもも頑張って練習する

・大人は子どもが毎日練習するように 声をかけたり、頑張ってるねと褒めたり、あの本やったの?と言ってみたりと 毎日やるというのは本当に大変だな と痛感しています。

 

特になにを目指しているわけでもないんですけどねー。

でもコツコツ頑張ることを 教えてあげるってのも大切なのかもしれないな と思って 

毎日頑張ってもらっています。

 

もっと大きくなったら勉強もがんばらなければいけないし、その時になったら 毎日勉強するというのも ピアノで経験していれば 「やらなきゃいけないものなんだな」って思ってくれて、コツコツやってくれるかしら と淡い期待を持っています。

 

ピアノは毎日がんばる  

 

そういう真面目さや努力を養う習い事なのかもしれません。

 

毎日頑張ってもなかなか上達はしないですけど。。

 

とツラツラ思ったことを書いたのですが、お手玉を毎日活用できていないので、説得力ないですね(苦笑)